no space left と表示されたときの対処法

公開日: : 最終更新日:2013/12/29 プログラム

タイトルの "no space left" とは「書き込みたいけど、ディスクの飽きがありませんよ」というメッセージ。

対処法は、ディスクの空き容量を増やすこと。

手っ取り早いのは不要なファイルを消して回ることなので、duコマンドを実行して、不要で、かつ、サイズが大きいディレクトリ・ファイルを削除していく。

ルートを調べるところからスタートする場合は、こんな感じに実行する。

cd /
du -sh

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch-8587724648_24926df337_z-resized

yum のリポジトリ ATrpms を参照できるように設定する

あるツールの動作検証をしようと調べたところ、そのツールは ATrpms リポジトリが提供しているとの

記事を読む

icatch-2015-004-1

Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に Octopress をインス

記事を読む

icatch_8626992930-resized

シェルスクリプトでcdしたいパスにスペースが入っている場合の対処法

cd したいパスにスペースが入っていると、パスの先頭からスペースまでを「移動したいパス」と解釈されて

記事を読む

icatch-8442052993_2978189f52_z-resized

参照可能な yum リポジトリを確認する yum コマンドとワンライナー

あるパッケージをインストールするために配布リポジトリの設定を追加することがあります。 ビジネスユー

記事を読む

icatch_8617990318-resized

yum が参照するミラーサイトの baseurl を変更して日本国内のものに設定する

yum が参照するリポジトリのミラーサイトは変更することができます。 このミラーサイトを日本国内のも

記事を読む

no image

より安全にパスワードを保存するために考えること

知ってる人にとっては当たり前のことだろうが、あまり深く考えたことがなかったので調べてみた。 前提

記事を読む

icatch-8785445626_587fdac14d_z-resized

検証用の CentOS をインストールした直後に行う初期設定手順

職場でも自宅でも Linux で検証したい作業があったので VMware に 64 ビット版の Ce

記事を読む

20140811-00

64ビット版のCentOSをVMwareにインストールできない場合の対処法

Linux で検証したい作業が多かったので VMware に検証環境を作りました。OS は Cent

記事を読む

icatch_442682895-resized

scp コマンドを yum を使って CentOS にインストールする

小ネタです。 yum install scp ではなかったのでメモしておきます。 photo

記事を読む

icatch_5428744075-resized

scp を使ってファイルのコピーを実行したら “command not found” と表示されたときの対処法

CentOS が起動しているサーバに scp を使ってファイルをコピーしようとコマンドを実行したら

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − = 5

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑