ローカルブランチの確認と切り替え方法

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 未分類

Git のコマンドがなかなか覚えられない。こんなの調べればいっぱい出てくるが、毎回同じ事を調べるのもバカバカしいなってきたので、いい加減メモしておく。

ローカルブランチを確認する

branch コマンドで確認できる。"master" の左に "*" が付いており、これが現在作業中のブランチを表している。

$ git branch
  branch_1
  branch_2
* master

ローカルブランチを切り替える

普段は master で作業しているが障害対応などでメンテナンスのブランチに切り替える、とかそんな状況で。

checkout コマンドで切り替えることができる。

$ git checkout branch_1
Switched to branch 'branch_1'

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

no image

ビジネスメールの言い回しテンプレート

かなり前に自分用にメモしていたもので、元々はどこかの記事の寄せ集め。 ×と○のサンプル

記事を読む

no image

電子政府推奨暗号リスト

「このリストに挙がっているもので暗号化してくれ」とお客さんから指摘を受けて初めて知ったのだが 電子政

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 五 = 12

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑