Android アプリ開発で “Unable to resolve target ‘android-16′” などとエラーメッセージが表示された場合の対処法

公開日: : Android , ,

“Unable to resolve target ‘android-16′” などとエラーメッセージが表示された場合、作成するアプリのターゲットを変更するって方法もありますが、お客さん都合とか諸々の事情でそういうわけにもいかない場合もありまして。

このエラーメッセージが表示されるのは、マシンの環境に不備があるからなので、それを解消する方法をメモしておきます。

icatch-android_6051805616_mini

photo credit: JD Hancock via photopin cc

目次

1. 動作環境

動作環境ですが、Android アプリの開発には次の IDE を使っています。

android-2014-02-18-00-1

このページにある「Download the SDK」ボタンして、規約の確認とマシンが 32bit なのか 64bit なのかを選択すると、ダウンロードできます。

android-2014-02-18-00-2

android-2014-02-18-00-3

2. エラーメッセージの確認

エラーメッセージを確認しておきます。

上記 IDE の Problems ビューに次のように表示されるエラーメッセージを解消します。

android-2014-02-18-01

3. エラーメッセージの解消方法

それでは、ここから “Unable to resolve target ‘android-16′” などと表示されるエラーの解消方法を説明します。

とはいっても、とても簡単でただクリックしていくだけで終了してしまいます。

3-1. Android SDK Manager を起動する

Android SDK Manager を起動して、不足しているパッケージを追加します。

この Android SDK Manager の起動は次の2通りあります。

  • IDE から起動する
  • exe ファイルから起動する

IDE から起動するほうが簡単です。

次のキャプチャにあるように、”Android SDK Manager” ボタンをクリックすると、”Progress Information” ダイアログが表示された後に “Android SDK Manager” が起動します。

android-2014-02-18-02

一方、exe ファイルから起動する場合は、この IDE を解凍したディレクトリに次の exe ファイルがあるので、これを実行します。

  • SDK Manager.exe

“Android SDK Manager” が起動すると、自動でマシンにインストールされているパッケージの確認が行われます。
確認が終わると次のキャプチャのようになります。

android-2014-02-18-03

3-2. 不足しているパッケージのインストール

“Android SDK Manager” を使って不足しているパッケージをインストールします。
今回は “Unable to resolve target ‘android-16′” を解消するための手順になりますが、これ系のエラーであれば手順はすべて同じになります。

“Unable to resolve target ‘android-16′” の解消なので、次のキャプチャのように “Android 4.1.2 (API 16)” のチェックボックスにチェックを付けます。

android-2014-02-18-04

“Android 4.1.2 (API 16)” に関するパッケージがマシンにインストールされていないので、すべての項目が “Not installed” となっています。

この状態でキャプチャの右下にある「Install 11 Packages…」ボタンをクリックします。
すると、次のキャプチャのようにパッケージの概要とライセンスの確認に移ります。

android-2014-02-18-05

ここでは次のキャプチャのように “Accept License” にチェックを付けないとインストールできないので、チェックを付けて「Install」ボタンをクリックします。

android-2014-02-18-06

インストールが始まり、ダイアログ下部にインストールの進捗状況が表示されます。

android-2014-02-18-07

インストールするパッケージの数にもよりますが、インストールにはそこそこ時間がかかります。
コーヒーでも飲んでゆっくり待ちます。

3-3. IDE を再起動する

パッケージのインストールが終了したら、”Android SDK Manager” を終了します。

IDE を再起動すると、”Unable to resolve target ‘android-16′” のエラーメッセージが消え、このエラーが解消したことが分かります。

4. まとめ

取り立ててメモするほどの内容ではなかったのですが、”Android SDK Manager” って名称がなかなか覚えられなかったのでメモしておきました。

5. その他の Android に関する記事

その他の Android に関する記事は次の通りです。
気になる記事があったらぜひチェックしてみてください!

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

no image

AlertDialog の背景をタップできなくする

AlertDialog はモーダルダイアログではないので背景をタップできてしまう。それだとちょっと不

記事を読む

no image

初めてのアンドロイドアプリ開発振り返り

始めてのアンドロイドアプリ開発が落ち着きをみせてきた。まだ熱が冷めないうちに簡単に振り返っておく。

記事を読む

icatch-timezone

Android アプリでタイムゾーンを Asia/Tokyo で現在時刻を取得する

もしかしたら環境だったり、条件があるのかもしれないけど備忘録としてメモ。 Android アプ

記事を読む

icatch-finished_6609228299_mini

Android アプリで特定の Activity が呼ばれたらアプリを終了させる方法

とある Activity が呼ばれたらアプリを終了させる方法です。 戻るボタンで戻りすぎることが出

記事を読む

icatch-error_9849183645_mini

Android の非同期処理を行う Loader の起動方法

これ、ボクの完全な思い違いだったのですが、非同期処理を行うクラスの呼び出しは Activity か

記事を読む

no image

Android アプリで Google Analytics へトラッキングするサンプルクラス

お客さまからの要望があって対応。特に難しいことはないのだが、せっかくなので Gist にスニペットを

記事を読む

no image

AlertDialog がキャンセルされたときに処理を行うスニペット

AlertDialog のスニペット。キャンセル時のリスナーを Gist に登録。 new Al

記事を読む

no image

位置情報取得に関する覚え書き、その2

以前、【Androidアプリ開発】位置情報取得に関する覚え書き を書いたが、試行錯誤を続ける中で変更

記事を読む

no image

位置情報取得に関する覚え書き

思うように最新の位置情報を取得できなかったが、試行錯誤した結果「とりあえず大丈夫かな」って段階まで持

記事を読む

no image

WebView からデフォルトブラウザを開く

WebView に表示されているリンクは WebView ではなくデフォルトブラウザで開きたい、とい

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 5 = 六

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑