Eclipse がエラーメッセージを出力して起動しなくなった場合の対処法

公開日: : 最終更新日:2014/05/05 プログラム

Eclipse の exe ファイルをクリックすると(または、実行すると)、 Eclipse のスプラッシュ画像とプログレスバーが表示され、ちょっと待つと Eclipse が起動しますよね。
ですが、スプラッシュロゴが表示されている途中で Eclipse が落ちるという事態になってしまいました。

「この前までは普通に起動してくれたのに突然どうしちゃったの??」ってことで、再び Eclipse が立ち上がってくれるようになるまでにやったことをメモしておきます。

icatch-pray_c916c87577_mini

Some rights reserved by Thomas Leuthard

目次

1. clean オプションを付けてみる

まず思いついたのは clean オプションを付けて Eclipse を実行してみることでした。

これまで clean オプションを付けて Eclipse を起動したことってなかったのですが、「ゴミとか不要なファイルを削除してから立ちあげてくれるんだろうなぁ」って程度の認識はあったので試してみました。

ターミナルから Eclipse を解凍したディレクトリに移動して eclipse.exe -clean と実行してみます。
これで起動すればいいなぁという淡い期待も虚しく、やっぱりスプラッシュロゴが表示されている途中で落ちてしまいました。。。

2. エラーメッセージで検索する

エラーメッセージで検索すると結構ヒットしますよね。

eclipse.exe -clean を実行したときにも次のようなエラーメッセージが出力されました。

$ ./eclipse.exe -clean
Job found still running after platform shutdown.  Jobs should be canceled by the plugin that scheduled them during shutdown: org.eclipse.epp.internal.mpc.ui.wizards.MarketplaceDropAdapter$1

このエラーメッセージで検索してみます。
次は検索結果画面のリンクです。

(人によって検索結果は違うかもしれませんが)検索結果1件目に解決方法が載っていました。

次は検索結果からの引用です。

Deleting workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.e4.workbench/workbench.xmi solved the problem.

Eclipse (C/C++) Error: Job found still running after platform shutdown – Stack Overflow

Eclipse の workspace ディレクトリ下にある次のファイルを削除するだけとあります。

  • .metadata/.plugins/org.eclipse.e4.workbench/workbench.xmi

3. workbench.xml を削除 → 復活!

さっそく workbench.xmi を削除してから Eclipse の exe ファイルをクリックすると、見事 Eclipse が起動しました!

「やっぱり Stack Overflow だわ」って思ったのですが、どうやら workbench.xmi を削除するとビューなどの配置がデフォルトに戻ってしまうようです。

まぁ仕方ないですね。大した問題じゃないですし。

4. まとめ

というわけで、Eclipse が次のエラーメッセージを出力して起動しなくなった場合の対処法でした。

$ ./eclipse.exe -clean
Job found still running after platform shutdown.  Jobs should be canceled by the plugin that scheduled them during shutdown: org.eclipse.epp.internal.mpc.ui.wizards.MarketplaceDropAdapter$1
  • とりあえずエラーメッセージで検索してみる
  • Eclipse が起動しなくなったら workbench.xmi を削除してみる
  • workbench.xmi を削除すると、ビューが初期化される
  • Stack Overflow!!

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch_5623339500-resized

Bundler を使ってプロジェクト用の Gem をインストールして Gemfile をバージョン管理ツールに登録するまでの流れ

Bundler を使い始める人向けにまとめた次の記事を書きました。 CentOSにRubyのBu

記事を読む

icatch-sublimetext_9222613858_mini-thumbnail

Sublime Text3 のインストール直後に行った設定メモ

突発的に自宅のマシンにインストールしてあった Sublime Text2 を 3 にアップデートしま

記事を読む

icatch-2015-003-1

Vagrantで起動したCentOS上のMySQLにホストOSからログインする設定

マシンを新しくしたこともあり、検証と称してソフトウェアをやみくもにインストールすることに抵抗が出てき

記事を読む

icatch_5428744075-resized

scp を使ってファイルのコピーを実行したら “command not found” と表示されたときの対処法

CentOS が起動しているサーバに scp を使ってファイルをコピーしようとコマンドを実行したら

記事を読む

icatch-9214710040_822a4c3456_z-resized

ロードアベレージを監視するシェルスクリプトを作成してみた

このブログを運用している Linux サーバの負荷が高い状態になってました。 何か被害にあったとかで

記事を読む

no image

CVS でタグ間で変更があったファイルを抽出するスクリプト

今どきバージョン管理ツールに CVS を使っているところは珍しいと思うし、あまり需要はないだろうけど

記事を読む

icatch-_9692711856-resized

シェルスクリプトでメールを送信する

このブログを運用している Linux サーバの監視スクリプトを作成した記事を書きました。 ロード

記事を読む

icatch-back-scratcher_3553512020_mini-thumbnail

Sublime Text3 で JavaScript を書くために設定したプラグインとキーバインド

プロフィール にもあるように、ボクは Java をメインとしたプログラマです。 IDE には Ecl

記事を読む

icatch-2015-002

Optionalから値を取り出すにはorElseGet()を使う

「Optional が値を持っていない場合のみ ◯◯ を実行する」を実装するときは Optional

記事を読む

icatch-8442052993_2978189f52_z-resized

参照可能な yum リポジトリを確認する yum コマンドとワンライナー

あるパッケージをインストールするために配布リポジトリの設定を追加することがあります。 ビジネスユー

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 + = 14

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑