yum が参照するミラーサイトの baseurl を変更して日本国内のものに設定する

公開日: : プログラム , ,

yum が参照するリポジトリのミラーサイトは変更することができます。
このミラーサイトを日本国内のものに変更することで、パッケージのダウンロードにかかる時間が短縮できる可能性があります。

最近は回線が太いのでそんなに気にならないかもしれませんが、大きめのパッケージを落とす際には効果が期待できます。

難しい作業ではないので面倒くさがらずにやっておきたい設定です。

icatch_8617990318

photo credit: Ocean Frontiers Diving Adventures via photopin cc

目次

1. ミラーサイトは複数指定するのがベター

ミラーサイトには複数のサイトが指定できます。
っていうか、むしろ、複数設定しておいたほうが良さそうです。
以下に、その理由を引用しておきます。

baseurlに一つしかURLを指定しないと、そのサーバーが応答しないときにyumが機能しないので、複数指定したほうがいいです。

ftp-adminの憂鬱: yumで速いミラーサーバーを指定する方法

2. riken, jaist, iij のミラーサイトを選択

日本国内のミラーサイトはどこなんだろうかと検索すると、概ね、次の3つのミラーサイトが紹介されていました。

  • ftp.riken.jp
  • ftp.jaist.ac.jp
  • ftp.iij.ad.jp

探せば他にもあるでしょうが、3つあれば充分かなと思います。
ボクも便乗してこれらのミラーサイトを設定することにしました。

3. ミラーサイトを設定する

設定は /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo に行います。
念のため、作業前にバックアップはしておいてください。

以下は、変更後の /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo です。
baseurl の行を追加・変更しています。

# CentOS-Base.repo
#
# The mirror system uses the connecting IP address of the client and the
# update status of each mirror to pick mirrors that are updated to and
# geographically close to the client.  You should use this for CentOS updates
# unless you are manually picking other mirrors.
#
# If the mirrorlist= does not work for you, as a fall back you can try the 
# remarked out baseurl= line instead.
#
#

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.iij.ad.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=1

#released updates 
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.iij.ad.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=1

#additional packages that may be useful
[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.iij.ad.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=2

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
name=CentOS-$releasever - Plus
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.iij.ad.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=1

#contrib - packages by Centos Users
[contrib]
name=CentOS-$releasever - Contrib
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/contrib/$basearch/
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    http://ftp.iij.ad.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
priority=2

4. まとめ

以上、yum が参照するミラーサイトを日本国内のものに変更する方法でした。

  • 多く参照されている日本国内のミラーサイトは次のもの
    • riken
    • jaist
    • iij
  • ミラーサイトは複数サイトを設定しておいたほうが無難

5. その他 Linux に関する記事

その他の Linux に関する記事は次の通りです。
気になる記事があったらぜひチェックしてみてください!

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch-back-scratcher_3553512020_mini-thumbnail

Sublime Text3 で JavaScript を書くために設定したプラグインとキーバインド

プロフィール にもあるように、ボクは Java をメインとしたプログラマです。 IDE には Ecl

記事を読む

icatch-pray_c916c87577_mini-thumbnail

Eclipse がエラーメッセージを出力して起動しなくなった場合の対処法

Eclipse の exe ファイルをクリックすると(または、実行すると)、 Eclipse のスプ

記事を読む

no image

IE9 のキャッシュ対策

どのようなバグだったのか POST で送信した内容を確認する画面で、最新の内容が表示されないという

記事を読む

icatch-8785445626_587fdac14d_z-resized

検証用の CentOS をインストールした直後に行う初期設定手順

職場でも自宅でも Linux で検証したい作業があったので VMware に 64 ビット版の Ce

記事を読む

icatch-2015-003-1

Vagrantで起動したCentOS上のMySQLにホストOSからログインする設定

マシンを新しくしたこともあり、検証と称してソフトウェアをやみくもにインストールすることに抵抗が出てき

記事を読む

icatch_4365495446-resized

CentOS6.5にGitをソースコードからインストールする

CentOS 6.5 の64ビット版を "Minimal" でインストールした環境で、git sta

記事を読む

icatch_3304032405-resized

CentOS に yum-plugin-priorities プラグインをインストールする

yum を使ってあるパッケージをインストールしようと調べていたところ、yum-plugin-prio

記事を読む

icatch_8626992930-resized

シェルスクリプトでcdしたいパスにスペースが入っている場合の対処法

cd したいパスにスペースが入っていると、パスの先頭からスペースまでを「移動したいパス」と解釈されて

記事を読む

icatch-2015-002

Optionalから値を取り出すにはorElseGet()を使う

「Optional が値を持っていない場合のみ ◯◯ を実行する」を実装するときは Optional

記事を読む

icatch-8442052993_2978189f52_z-resized

参照可能な yum リポジトリを確認する yum コマンドとワンライナー

あるパッケージをインストールするために配布リポジトリの設定を追加することがあります。 ビジネスユー

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − = 6

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑