yum のリポジトリ ATrpms を参照できるように設定する

公開日: : 最終更新日:2014/08/06 プログラム ,

あるツールの動作検証をしようと調べたところ、そのツールは ATrpms リポジトリが提供しているとのことでした。
なので、この ATrpms リポジトリを参照できるように設定してみました。

icatch-8587724648_24926df337_z

photo credit: Some rights reserved by Thomas Leuthard

目次

1. ATrpms リポジトリとは

ATrpms というリポジトリ、初めて知ったので軽く検索してみたところ AdditionalResources/Repositories – CentOS Wiki によると、ATrpms リポジトリとは「多くの開発最先端のアプリケーションや、MythTV のようなメディアアプリケーションを提供している」リポジトリらしいです。

まぁ、よく分かりませんが、メディア系アプリをメインに提供している感じっぽいです。ビジネスユースなものばかり使っていたのでこれまで出会わなかったってところでしょうか。

2. ATrpms リポジトリを参照できるように設定する

手順は以下の ATrpms のページにちゃんと載っていました。それをなぞってみます。

まずは rpm コマンドを使ってサイトから設定をインポートします。

rpm --import http://packages.atrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms

rpm コマンドのバージョンが古くて上記のコマンドに失敗する場合は、次を実行します。wget を使って設定を環境にダウンロードしてから rpm でインポートする、という流れです。

wget http://packages.atrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
rpm --import RPM-GPG-KEY.atrpms

ちなみに、検証した環境ではサイトからの直接インポートに成功しました。rpm のバージョンは次のものです。

rpm --version
RPM バージョン 4.8.0

あとは ATrpms のリポジトリ情報を /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo に追加してやります。追加内容は以下の通りです(検証環境の OS は CentOS)。

[atrpms]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - ATrpms
baseurl=http://dl.atrpms.net/el$releasever-$basearch/atrpms/stable
gpgkey=http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
gpgcheck=1

ただ、デフォルトでは ATrpms リポジトリは無効にしておきたいのと、優先順位を設定したかったので結局は以下の内容にしました。

[atrpms]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - ATrpms
baseurl=http://dl.atrpms.net/el$releasever-$basearch/atrpms/stable
gpgkey=http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
gpgcheck=1
enabled=0
priority=10

リポジトリの優先順位については、次の記事を参照してみてください。

3. リポジトリ設定確認

さて、ATrpms リポジトリの設定が問題無いかは、次のコマンドで確認できます。

$ yum repolist all | grep atrpms
atrpms                    Fedora Core 6 - i386 - ATrpms           disabled

また、CentOS に yum-plugin-priorities プラグインをインストールする の記事にも書いたワンライナーからも確認できます。

$ sed -n -e "/^\[/h; /priority *=/{ G; s/\n/ /; s/ity=/ity = /; p }" /etc/yum.repos.d/*.repo | sort -k3n
priority = 1 [base]
priority = 1 [centosplus]
priority = 1 [extras]
priority = 1 [updates]
priority = 2 [contrib]
priority = 10 [atrpms]

4. まとめ

以上、ATrpms リポジトリを参照可能にする設定でした。

  • ATrpms リポジトリはメディア系アプリを提供しているリポジトリのようだ
  • 設定を wget でローカルにダウンロードしなくても rpm で直接インポートできる
  • リポジトリの優先順位を設定するか、デフォルトでは無効にしておく

5. その他 Linux に関する記事

その他の Linux に関する記事は次の通りです。
気になる記事があったらぜひチェックしてみてください!

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch-2015-006-1

バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増えた。だが、アノテーションで実装

記事を読む

no image

CVS でタグ間で変更があったファイルを抽出するスクリプト

今どきバージョン管理ツールに CVS を使っているところは珍しいと思うし、あまり需要はないだろうけど

記事を読む

icatch-vagrant_box_customize

VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を構築することが多くなってきた。

記事を読む

icatch-2015-005-1

ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。 正常系テストの場合: 正

記事を読む

icatch_4365495446-resized

CentOS6.5にGitをソースコードからインストールする

CentOS 6.5 の64ビット版を "Minimal" でインストールした環境で、git sta

記事を読む

icatch_3304032405-resized

CentOS に yum-plugin-priorities プラグインをインストールする

yum を使ってあるパッケージをインストールしようと調べていたところ、yum-plugin-prio

記事を読む

no image

IE9 のキャッシュ対策

どのようなバグだったのか POST で送信した内容を確認する画面で、最新の内容が表示されないという

記事を読む

icatch-sublimetext_9222613858_mini-thumbnail

Sublime Text3 のインストール直後に行った設定メモ

突発的に自宅のマシンにインストールしてあった Sublime Text2 を 3 にアップデートしま

記事を読む

no image

VPS に Redmine を設置したときに対処したトラブル

Redmine のインストール自体は Redmine 2.3をCentOS 6.4にインストールする

記事を読む

icatch-markdown_6281167385_mini-thumbnail

Sublime Text3 で Markdown のシンタックスハイライトを有効にする手順

IT 関連の職場であれば、部署やチーム単位に Redmine とか Backlog を使って TOD

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 + = 15

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑