64ビット版のCentOSをVMwareにインストールできない場合の対処法

公開日: : 最終更新日:2014/08/11 プログラム , ,

Linux で検証したい作業が多かったので VMware に検証環境を作りました。OS は CentOS のバージョン 6.5 で 64 ビット版です。

OS をインストールした直後に行うユーザ作成とかお決まりの手順があるのですが、それは別の記事にまとめるとして、今回は BIOS の設定変更をしないと 64 ビット版 OS がインストールできないケースがあるので対処法をまとめてみました。

20140811-00

目次

1. 64ビット版 OS がインストールできないに表示されるエラーメッセージ

64 ビット版の OS が VMware にインストールできないケースがあるようです。ボクも自宅のマシンと会社で支給されているマシンの両方で同じバージョンの CentOS を VMware にインストールしてみましたが、会社のマシンはインストールできたのに対して、自宅マシンは BIOS を変更しなければインストールできませんでした。

さて、どんなエラーメッセージが VMware に表示されたかと言うと、次のように表示されました。

This kernel requires an x86-64 CPU, but only detected an i686 CPU.
Unable to boot – please use a kernel appropriate for your CPU.

「CPU が 64 ビットに対応してないから何とかしろ」ということです。とは言え、自宅マシンは 64 ビット版の Windows7 なので何とかなってる気がするのですが、それでも「インストールできないよ」と怒られます。

で、調べてみると、このメッセージが表示された場合は BIOS の値を変更してやることで 64 ビット版 OS もインストールできるようになります。

2. 64ビット版 OS をインストールさせる BIOS の変更手順

BIOS の設定自体は特に難しくないのですが、マシンによってメッセージなどが異なると思うのでスクリーンショットを撮りました。少々暗くて分かりにくいかと思いますが参考にしてみてください。

まずは、BIOS の設定画面を表示させます。ここはマシンによって方法が異なるのでメーカーのサイトを見るなどしてください。

BIOS の設定画面が表示されたら CPU の設定画面に移動します。

20140811-01-resized

CPU の設定画面に移動したら “Intel(R) Virtualization Technology” を探します。もしかしたら、マシンによっては表記が異なるかもしれませんが仮想技術に関する項目がそれだと思います。

20140811-02-resized

デフォルトは Disabled になっているので、これを Enabled に変更してやります。

20140811-03-resized

20140811-04-resized

これで変更完了です。設定を保存するとマシンが再起動されます。

20140811-05-resized

マシンが再起動されたので、これでインストールできるようになっているだろうと試してみると、再び同じメッセージが表示されました。

ここが一番ハマったのですが、BIOS の値を変更したあとに一度電源を切る必要がありました。再起動ではなくシャットダウンです。
シャットダウンして一度マシンの電源を切って、それから電源を入れてマシンを起動してやります。これで BIOS の設定が反映されて 64 ビット版の OS が VMware にインストールできるようになります。

3. まとめ

以上、64 ビット版の CentOS を VMware にインストールできない場合の対処法でした。

  • BIOS の設定を変更すればインストール可能
  • “Intel(R) Virtualization Technology” みたいな項目を Enabled にするだけ
  • 設定後は、一度電源を落とすこと!(再起動じゃない!!)

4. その他 Linux に関する記事

その他の Linux に関する記事は次の通りです。
気になる記事があったらぜひチェックしてみてください!

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch-vagrant_box_customize

VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を構築することが多くなってきた。

記事を読む

icatch-8442052993_2978189f52_z-resized

参照可能な yum リポジトリを確認する yum コマンドとワンライナー

あるパッケージをインストールするために配布リポジトリの設定を追加することがあります。 ビジネスユー

記事を読む

icatch_2385618390-resized

Linuxでmp3をお手軽に結合する

このブログを運用している Linux サーバで radiko.jp から番組を mp3 に録音して個

記事を読む

icatch-back-scratcher_3553512020_mini-thumbnail

Sublime Text3 で JavaScript を書くために設定したプラグインとキーバインド

プロフィール にもあるように、ボクは Java をメインとしたプログラマです。 IDE には Ecl

記事を読む

icatch-2015-006-1

バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増えた。だが、アノテーションで実装

記事を読む

icatch-2015-005-1

ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。 正常系テストの場合: 正

記事を読む

icatch-8587724648_24926df337_z-resized

yum のリポジトリ ATrpms を参照できるように設定する

あるツールの動作検証をしようと調べたところ、そのツールは ATrpms リポジトリが提供しているとの

記事を読む

icatch-2015-002

Optionalから値を取り出すにはorElseGet()を使う

「Optional が値を持っていない場合のみ ◯◯ を実行する」を実装するときは Optional

記事を読む

icatch-pray_c916c87577_mini-thumbnail

Eclipse がエラーメッセージを出力して起動しなくなった場合の対処法

Eclipse の exe ファイルをクリックすると(または、実行すると)、 Eclipse のスプ

記事を読む

icatch-markdown_6281167385_mini-thumbnail

Sublime Text3 で Markdown のシンタックスハイライトを有効にする手順

IT 関連の職場であれば、部署やチーム単位に Redmine とか Backlog を使って TOD

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 二 = 3

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑