CentOSのバージョン6.5(64ビット)にRuby2.1.2をインストールする

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 Ruby , , ,

2014/08/10 時点での最新安定版である Ruby 2.1.2 をインストールしてみたので、その手順をメモしておきます。

とはいうものの、この手順自体は次の記事にまとめられていたものをなぞっただけなんですが。
内容がすっきりまとまっていて読みやすくていい感じです。参考にさせていただきました!ありがとうございます!!

  1. rbenv+ruby-buildをインストールする手順 (CentOS/RedHat) | WEB ARCH LABO
  2. Rubyをrbenv+ruby-buildを利用してインストールする手順 (CentOS/RedHat) | WEB ARCH LABO

icatch_100612765

photo credit: Andy Ciordia via photopin cc

目次

1. Ruby をインストールした環境について

Ruby をインストールした環境は、64 ビット版の CentOS 6.5 です。VMware の仮想環境上に “Minimal” でインストールしました。

OS をインストールした後は、SELinux を無効にしたり、ユーザを作成したり、yum の設定を変更した程度です。これらは以外の記事にまとめてありますので、興味があれば見てみてください。

2. rbenv をインストールする

Ruby は rbenv を使ってインストールしました。

GitHub のリポジトリ から rbenv を clone します。プログラムは /opt/rbenv に clone しました。

[hoge@CentOS6 ~]$ cd /opt
[hoge@CentOS6 /opt]$ sudo git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git
:
:
Resolving deltas: 100% (1182/1182), done.
[hoge@CentOS6 /opt]$ ls                                                   
rbenv

/etc/profile に rbenv のパスと初期化設定を追加して、設定を読み込ませます。

[root@CentOS6 ~]# echo 'export RBENV_ROOT="/opt/rbenv"' >> /etc/profile
[root@CentOS6 ~]# echo 'export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"' >> /etc/profile
[root@CentOS6 ~]# echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> /etc/profile
[root@CentOS6 ~]# source /etc/profile

次に ruby-build プラグインを /opt/rbenv/plugins にインストールします。

[hoge@CentOS6 ~]$ sudo mkdir -p /opt/rbenv/plugins
[hoge@CentOS6 ~]$ cd !$
cd /opt/rbenv/plugins
[hoge@CentOS6 plugins]$ sudo git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
:
:
Resolving deltas: 100% (1709/1709), done.
[hoge@CentOS6 plugins]$ ls ruby-build
LICENSE  README.md  bin  install.sh  script  share  test

Ruby のインストールに必要なライブラリをインストールします。次のライブラリが必要らしいので yum で確認してみます。

  • gcc
  • make
  • openssl-devel
[hoge@CentOS6 plugins]$ yum list installed | grep gcc
gcc.x86_64              4.4.7-4.el6     @base                                   
libgcc.x86_64           4.4.7-4.el6     @anaconda-CentOS-201311272149.x86_64/6.5
[hoge@CentOS6 plugins]$ yum list installed | grep make
make.x86_64             1:3.81-20.el6   @anaconda-CentOS-201311272149.x86_64/6.5
[hoge@CentOS6 plugins]$ yum list installed | grep openssl-devel

openssl-devel だけ grep に引っかからなかったので、openssl-devel だけが欠けているようです。yum でインストールします。

[hoge@CentOS6 plugins]$ sudo yum -y install openssl-devel
:
:
Installed:
  openssl-devel.x86_64 0:1.0.1e-16.el6_5.14                                                         
Dependency Installed:
  keyutils-libs-devel.x86_64 0:1.4-4.el6           krb5-devel.x86_64 0:1.10.3-15.el6_5.1           
  libcom_err-devel.x86_64 0:1.41.12-18.el6_5.1     libselinux-devel.x86_64 0:2.0.94-5.3.el6_4.1    
  libsepol-devel.x86_64 0:2.0.41-4.el6             zlib-devel.x86_64 0:1.2.3-29.el6                

Dependency Updated:
  e2fsprogs.x86_64 0:1.41.12-18.el6_5.1          e2fsprogs-libs.x86_64 0:1.41.12-18.el6_5.1           krb5-libs.x86_64 0:1.10.3-15.el6_5.1           libcom_err.x86_64 0:1.41.12-18.el6_5.1               libss.x86_64 0:1.41.12-18.el6_5.1              openssl.x86_64 0:1.0.1e-16.el6_5.14                
Complete!

もし、gcc や make もインストールされていなければ、次を実行するとインストールできます。

$ sudo yum -y install gcc
$ sudo yum -y install make

これで準備が整いました。

3. Ruby をインストールする

2014/08/10 時点での最新安定版である Ruby 2.1.2 をインストールします。ただ、そこそこ時間がかかるのでご注意ください。

[hoge@CentOS6 plugins]$ sudo rbenv install 2.1.2
:
:
Installing ruby-2.1.2...
Installed ruby-2.1.2 to /opt/rbenv/versions/2.1.2

2.1.2 の Ruby がインストールされました。このバージョンを常時使うように設定します。

[root@CentOS6 rbenv]# rbenv global 2.1.2
[root@CentOS6 rbenv]# ruby -v
ruby 2.1.2p95 (2014-05-08 revision 45877) [x86_64-linux]

ruby コマンドが 2.1.2 のバージョンを参照していることが確認できました。
これでインストールは完了です。

4. まとめ

以上、rbenv を使って Ruby 2.1.2 をインストールする方法でした。

  • Ruby は rbenv などのツールを使ってインストールするらしい
  • rbenv でインストールすれば、複数バージョンの Ruby がインストールできて、かつ、切り替えが容易らしい

5. その他 Ruby に関する記事

その他の Ruby に関する記事は次の通りです。
気になる記事があったらぜひチェックしてみてください!

メタプログラミングRuby

  • 著者Paolo Perrotta
  • 価格¥ 3,024(2014/09/06 時点)
  • 出版日2010-08-28
  • 商品ランキング60095 位
  • 大型本312 ページ
  • ISBN-104048687158
  • 出版社アスキー・メディアワークス

作りながら学ぶRuby入門 第2版

  • 著者久保秋 真
  • 価格(2014/09/06 時点)
  • 出版日2013-11-08
  • 商品ランキング4998 位
  • 大型本 ページ
  • ISBN-10
  • 出版社SBクリエイティブ株式会社

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch_474695210-resized

amazon-ecsを使った検索のエラー原因を確認する

Amazon が提供しているサービス Product Advertising API を手軽に扱える

記事を読む

no image

VPS に Nokogiri をインストールしたときのトラブル

Bundler を使って Nokogiri をインストールしようとしたが、次のようにエラーメッセージ

記事を読む

no image

ファイルを読み込んでその内容を保持する

Ruby で書いたスクリプトを module 化していく試みの一貫です。 ファイルを読み込んで、そ

記事を読む

no image

with_index メソッド

with_index というメソッドを知ったのでメモ。どういうときに使うかのサンプルを載せておく。

記事を読む

no image

配列の内容をファイルに書き込む

Ruby で書いたスクリプトを module 化していく試みの一貫です。 Array に保持してい

記事を読む

no image

プログラミングの「面倒くせー」を減らす試み

プライベートで書くコードや、ちょっとしたスクリプトなんかは Ruby で書くようにしていますが、どう

記事を読む

icatch_12845006573-resized

CentOSのバージョン6.5(64ビット)にamazon-ecsをインストールする

Amazon の Product Advertising API を使う作業があったので、Produ

記事を読む

icatch_4081722858-resized

CentOSにRubyのBundlerをインストールして使い始める人向けの簡単なまとめ

Bundler を使ってないと環境を移したときに面倒だってことが身に染みて分かったので Bundle

記事を読む

no image

amazon-ecs を使って Amazon から関連商品情報を取得するサンプル

次のサンプルスクリプトを書いたが、これに続くもの。 amazon-ecs を使って Amazon

記事を読む

no image

amazon-ecs を使って Amazon から商品情報を取得するサンプル

次の仕事で使うことになるかもしれないので、どんなことができるのか調査したときに作成したスクリプト。

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 一 = 0

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑