CentOS6.5にGitをソースコードからインストールする

公開日: : 最終更新日:2014/09/06 プログラム , , ,

CentOS 6.5 の64ビット版を “Minimal” でインストールした環境で、git status -sb コマンドを実行したところ、「b オプション知らない」と怒られてしまいました。

「そんなわけないじゃん」と思い、インストールされている Git のバージョンを確認すると 1.7.1.3 でした。リリースノート にもあるように b オプションが使えるようになったのは、バージョン 1.7.2 からのようで、そんなわけありました。

git status -sb が使えないのは不便なので、最新バージョンの Git をソースコードからインストールしてみました。

icatch_4365495446

photo credit: Sunfox via photopin cc

目次

1. Git をインストールした環境について

繰り返しになりますが OS は、64ビット版の CentOS 6.5 になります。インストールタイプは “Minimal” です。

インストール後に、SELinux を無効にしたり、ユーザを作成したり、yum の設定を変更しました。これらは以下の記事にまとめてありますので、興味があれば見てみてください。

rbenv を使って Ruby 2.1.2 もインストールしましたが、これは特に関係ないかと思います。

2. yum でインストールされている Git をアンインストールする

sudo yum list | grep "^git" コマンドで確認したところ、次の yum リポジトリだけを参照している状態だと、インストール可能な Git のバージョンは 1.7.1.3 までのようです。

  • base
  • updates
  • extras
  • centosplus
  • contrib

以下が、コマンドの実行結果。

$ sudo yum list | grep "^git"
git.x86_64                               1.7.1-3.el6_4.1                base    
git-all.noarch                           1.7.1-3.el6_4.1                base    
git-cvs.noarch                           1.7.1-3.el6_4.1                base    
git-daemon.x86_64                        1.7.1-3.el6_4.1                base    
git-email.noarch                         1.7.1-3.el6_4.1                base    
git-gui.noarch                           1.7.1-3.el6_4.1                base    
git-svn.noarch                           1.7.1-3.el6_4.1                base    
gitk.noarch                              1.7.1-3.el6_4.1                base    
gitweb.noarch                            1.7.1-3.el6_4.1                base

なので、yum update してもバージョン 1.7.1.3 止まりなんですね。

さて、yum を使ってインストールされている Git をアンインストールします。
次のコマンドを実行します。

$ sudo yum remove git
:
:
Removed:
  git.x86_64 0:1.7.1-3.el6_4.1                                                                      
Dependency Removed:
  perl-Git.noarch 0:1.7.1-3.el6_4.1                                                                 
Complete!

3. Git のソースコードを取得する

Git のソースコードは次のサイトで配布されています。
ここからインストールしたいバージョンのソースコードをダウンロードします。

2014/08/25 現在の最新バージョンは 2.1.0 のようです。
2.1.0 のダウンロードリンクは次になります。

  • https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.1.0.tar.gz

これを wget を使って適当なディレクトリにダウンロードします。

# wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.1.0.tar.gz

ダウンロードした tar.gz は解凍して、ディレクトリを移動しておきます。

# tar xvzf git-2.1.0.tar.gz
:
:
# cd git-2.1.0

4. Git をインストールする

インストール手順は configuremakemake install です。

デフォルトのままでよかったので、configure はオプションを付けないで実行しました。
一服できるくらいの時間で終了しました。

# ./configure
:
:
# make
:
:
# make install

git --version でインストールした Git のバージョンが確認できます。

# git --version
git version 2.1.0

無事にインストールできたようです。

5. まとめ

以上、CentOS 6.5 に Git をソースコードからインストールする手順でした。

  • yum から比較的最新の Git をインストールしたい場合は、yum リポジトリを追加する
  • ソースコードから Git をインストールしても手間じゃない

6. その他 Linux に関する記事

その他の Linux に関する記事は次の通りです。
気になる記事があったらぜひチェックしてみてください!

できるPRO CentOS 6 サーバー (できるプロシリーズ)

  • 著者辻 秀典
  • 価格¥ 3,240(2014/09/06 時点)
  • 出版日2013-07-22
  • 商品ランキング96719 位
  • 大型本432 ページ
  • ISBN-104844334247
  • 出版社インプレスジャパン

たった2日でわかるLinux―Cent OS 6.4対応

  • 著者中島 能和
  • 価格¥ 2,376(2014/09/06 時点)
  • 出版日2013-06
  • 商品ランキング11952 位
  • 大型本239 ページ
  • ISBN-104798038164
  • 出版社秀和システム

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

icatch-8785445626_587fdac14d_z-resized

検証用の CentOS をインストールした直後に行う初期設定手順

職場でも自宅でも Linux で検証したい作業があったので VMware に 64 ビット版の Ce

記事を読む

icatch_442682895-resized

scp コマンドを yum を使って CentOS にインストールする

小ネタです。 yum install scp ではなかったのでメモしておきます。 photo

記事を読む

icatch_3304032405-resized

CentOS に yum-plugin-priorities プラグインをインストールする

yum を使ってあるパッケージをインストールしようと調べていたところ、yum-plugin-prio

記事を読む

icatch-2015-002

Optionalから値を取り出すにはorElseGet()を使う

「Optional が値を持っていない場合のみ ◯◯ を実行する」を実装するときは Optional

記事を読む

icatch-back-scratcher_3553512020_mini-thumbnail

Sublime Text3 で JavaScript を書くために設定したプラグインとキーバインド

プロフィール にもあるように、ボクは Java をメインとしたプログラマです。 IDE には Ecl

記事を読む

icatch-8587724648_24926df337_z-resized

yum のリポジトリ ATrpms を参照できるように設定する

あるツールの動作検証をしようと調べたところ、そのツールは ATrpms リポジトリが提供しているとの

記事を読む

icatch-sublimetext_9222613858_mini-thumbnail

Sublime Text3 のインストール直後に行った設定メモ

突発的に自宅のマシンにインストールしてあった Sublime Text2 を 3 にアップデートしま

記事を読む

icatch-2015-003-1

Vagrantで起動したCentOS上のMySQLにホストOSからログインする設定

マシンを新しくしたこともあり、検証と称してソフトウェアをやみくもにインストールすることに抵抗が出てき

記事を読む

icatch-2015-005-1

ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。 正常系テストの場合: 正

記事を読む

icatch-vagrant_box_customize

VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を構築することが多くなってきた。

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − = 一

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑