SDKMAN!(GVM) を使って Mac に Gradle をインストールする

公開日: : Java , , , , ,

長らく Java のアプリ開発には Maven を使ってきたが、時代に取り残されている感じがするので、個人的なアプリ開発は Gradle を使うことにした。

以下は Mac に Gradle をインストールする手順のメモ。

GradleLogoReg

目次

1. SDKMAN! のインストール

Gradle を Mac にインストールしようと思って検索すると、Ruby の rbenv のように Groovy 関連のプロダクトのバージョン管理を行うツールを使って Gradle をインストールするのが一般的のようだ。

そのバージョン管理を行ってくれるツールは過去に GVM と呼ばれていたらしく、現在は SDKMAN! という何ともアレな名前になっている。この SDKMAN! を使って Gradle をインストールする。

以下のページの “Get started now!” 欄にあるように curl -s http://get.sdkman.io | bash をまずは実行する。

$ curl -s http://get.sdkman.io | bash

:
:

All done!


Please open a new terminal, or run the following in the existing one:

    source "/Users/{USER_NAME}/.sdkman/bin/sdkman-init.sh"

Then issue the following command:

    sdk help

Enjoy!!!

次に、出力にあるように source "/Users/{USER_NAME}/.sdkman/bin/sdkman-init.sh" を実行する(※”{USER_NAME}” は実行ユーザ名に置き換えてください)。

$ source "/Users/{USER_NAME}/.sdkman/bin/sdkman-init.sh"

sdk help を実行してヘルプが表示されれば SDKMAN! のインストールが完了。

普段は ZSH を使っているが、このインストールスクリプト(sdkman-init.sh)は Bash と ZSH をサポートしているので、~/.zshrc の末尾にも以下が追記される。

#THIS MUST BE AT THE END OF THE FILE FOR SDKMAN TO WORK!!!
export SDKMAN_DIR=”/Users/{USER_NAME}/.sdkman”
[[ -s "/Users/{USER_NAME}/.sdkman/bin/sdkman-init.sh" ]] && source “/Users/{USER_NAME}/.sdkman/bin/sdkman-init.sh”

2. SDKMAN! を使った Gradle のインストール

Usage – sdkman にも書いてあるが Gradle をインストールする。
コマンドは次の通り。

$ sdk install gradle

Downloading: gradle 2.7

  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
  0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--     0
  0   354    0     0    0     0      0      0 --:--:--  0:00:01 --:--:--     0
100 42.7M  100 42.7M    0     0  1692k      0  0:00:25  0:00:25 --:--:-- 2049k

Installing: gradle 2.7
Done installing!

Do you want gradle 2.7 to be set as default? (Y/n): Y

Setting gradle 2.7 as default.

バージョンを指定しないと実行時点で最新バージョンの Gradle がインストールされる(2015/09/26 時点での Gradle の最新バージョンは 2.7 )。

Gradle がインストールできたことを確認するために gradle -v を実行。

$ gradle -v

------------------------------------------------------------
Gradle 2.7
------------------------------------------------------------

Build time:   2015-09-14 07:26:16 UTC
Build number: none
Revision:     c41505168da69fb0650f4e31c9e01b50ffc97893

Groovy:       2.3.10
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.9.3 compiled on December 23 2013
JVM:          1.8.0_45 (Oracle Corporation 25.45-b02)
OS:           Mac OS X 10.10.5 x86_64

インストールに成功したようだ。

3. 更新履歴

  • 2015/09/26: 初版作成

Googleアドセンス用(PC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

no image

ファイルの拡張子が JPG であるかを問い合わせるスニペット

特に目新しいこともないが、同じようなことをする機会があるかもしれないのでメモ。Gist にも登録済み

記事を読む

medium_2055608272

指定した年月の日付を Calendar オブジェクトの一覧で取得する

小ワザです。 業務で、指定した年月の日付を Calendar オブジェクトの一覧で取得する必要があり

記事を読む

icatch-10139609144_5bc33706f9_z-resized

保存ダイアログを表示させてファイルをダウンロードさせる方法

例えば、ブラウザに表示している画像は右クリックを使ってダウンロードできますが、左クリックから保存ダイ

記事を読む

no image

画像ファイルを選別するFilenameFilter

画像ファイルのみアップロードを許可する仕様があって、何てことはないがフィルターを作って対応したのでメ

記事を読む

no image

Jetty でシンプルなプロジェクトを作成してみた

プロトタイプを作成するなら Tomcat よりも Jetty のほうがさらっと出来そうだなぁ、と今さ

記事を読む

icatch_2185253176-resized

Java8 の Optional 型を返す Generics を使ったメソッドを定義する

Java8 の Optional とガード節 に続いて Java8 の Optional ネタ。今回

記事を読む

icatch-3361b5e1-resized

Optional型の変数にget()とifPresent()は使わない

Java8 から導入された Optional を勉強するため、過去にプライベートで書いたコードに O

記事を読む

no image

Google Guava の Function を使った文字列加工の FluentIterable サンプル

お客様の都合上 Java7 で開発している案件があるのだが、Java8 の Function とか

記事を読む

no image

Java から VBScript を使って Excel を印刷する

背景 Java のデスクトップアプリを作成していたときの要件に「Excel で作成された帳票を印刷

記事を読む

no image

Spark を使って JSON を返すシンプルな API を書いてみた

必要に迫られてモックの API を作成することになった。 大した工数を割けないので使ったことのある

記事を読む

Googleアドセンス用(PC)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


七 − 3 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑