「 Github 」 一覧

GoogleMapsAPIを使って緯度・経度からMarkerを作成する方法

GoogleMaps API(v3) を使って、指定した緯度・経度の地点に Marker を表示する方法です。 GoogleMaps の JavaScript API (v3) を使って地図上に複数

続きを見る

GoogleMapsAPIを使ってMarkerを削除する方法

GoogleMaps API(v3) を使って地図上に表示されている Marker を削除する方法についてです。 TODO では Marker の非表示を説明しましたが、今回は Marker の削除

続きを見る

GoogleMapsAPIを使ってMarkerの表示と非表示を切り替える方法

GoogleMaps API(v3) を使って地図上に表示されている Marker を非表示にする方法と、非表示になっている Marker を表示する方法についてです。 すでに地図上に表示されている

続きを見る

BootstrapValidator の基本的なバリデーションを試すサンプルを作成しました

TwitterBootstrap3 用のバリデーションチェックプラグイン BootstrapValidator の導入から Live チェックまでを試してみた で紹介した BootstrapValid

続きを見る

JavaScript のクラス定義

2014/03/28 | JavaScript ,

最近 JavaScript を使う機会が増えてきて、快適にコードが書けるように環境を少しずつ整えてきました。 その辺りはこのブログにもメモを残していて、この辺りの記事がそれになります。 Subli

続きを見る

Grunt + QUnit + PhantomJS でテストを自動実行してくれる環境を構築する

先日投稿した GoogleMap サンプルのプロジェクトに Grunt の LiveReload を有効にする設定を追加しました の記事で Grunt の LiveReload をプロジェクトに適用す

続きを見る

GoogleMaps の JavaScript API(v3) を使って、常に1つの InfoWindow だけ表示されるように制御する

前回アップした GoogleMaps の JavaScript API (v3) を使って地図上に複数の Marker を表示するサンプル の続き記事になります。 この記事で作成したサンプルは、次の

続きを見る

GoogleMap サンプルのプロジェクトに Grunt の LiveReload を有効にする設定を追加しました

ウチのブログで公開している GoogleMaps API を使った GoogleMap のサンプルプログラム Google Map サンプル ですが、Grunt の LiveReload を適用してみ

続きを見る

GoogleMaps の JavaScript API (v3) を使って地図上に複数の Marker を表示するサンプル

これまで GoogleMaps API を使って Marker やら InfoWindow を表示するサンプルを作成してきました。 住所から GoogleMap を表示するサンプル Googl

続きを見る

TwitterBootstrap3 をベースにした画面に GoogleMap を埋め込む

このところ立て続けに GoogleMap を JavaScript から扱う記事を投稿してます。 意外と簡単に扱うことができるので、「こんなことできるのかな」ってことを試す日々を送ってます。 で、今

続きを見る

GoogleMap の Marker に InfoWindow を設定するサンプル

GoogleMap の Marker には InfoWindow を使って付加情報を設定できます。 そのサンプルプログラムを作成したのでメモしておきます。 サンプルプログラムは次の URL で公開し

続きを見る

GoogleMap を使って住所から緯度・経度を計算する

先日も GoogleMpa のジオコーディングを使った地図を表示するメモをアップしましたが、今回も GoogleMap に関してになります。 ユーザが入力した住所からその場所の緯度・経度を計算する要

続きを見る

住所から GoogleMap を表示するサンプル

ここ直近の2プロジェクトで緯度・経度(もしくは住所)から GoogleMap を表示する要件がありました。 住所から座標(緯度・経度)を計算して地図を表示する仕組みを ジオコーディング と呼ぶらしい

続きを見る

Underscore.js の template を使うときは HTML にテンプレートを書こう

Underscore.js の template メソッドを使った select タグ生成についての記事を書いてありますが、template メソッドに渡す HTML のテンプレートを JavaScr

続きを見る

Underscore.js の template を使ってドリルダウンを実装するスニペット

先日、Underscore.js の template と each を使って JSON から select タグを生成する という記事を投稿しましたが、今回も Underscore.js を使った

続きを見る

jQuery を使って表示する画像を setInterval を使って切り替える

画面に表示する画像を一定期間で切り替えるスニペットです。 スライドショー的なプラグインで済ますこともできますが、こんな風に実装することで同じようなことができます。 photo credit:

続きを見る

jQuery を使ってページの opacity を徐々に上げて fadeIn して見せる

仕事で HTML を使ってコンテンツをいくつか作成しました。 その際に他でも使い回しが効くスニペットを仕入れたので、1記事1つでメモしていきます。 今回は、初期表示をフェードインして見せる方法です。

続きを見る

Underscore.js の template と each を使って JSON から select タグを生成する

Underscore.js を使って、都道府県名を定義してある JSON から select タグを生成してみました。 以前から Underscore.js の存在は知っていたのですが、食わず嫌いで

続きを見る

Stinger3 に Pocket ボタンを設置しました

「あとで読む」系のサービスのひとつである Pocket。 ボクも Pocket を使っていまして、通勤電車の中で貯めてある記事を読んで情報収集に努めています。 このブログにも Pocket のボタン

続きを見る

Stinger3 に Feedly ボタンを設置しました

Google Reader が終了してしまってから RSS フィードの購読に使っている Feedly。 ボクと同じように Google Reader の終了後に乗り換えた方も多いかと思います。 ぼち

続きを見る

Stinger3 の single.php で使われている style.css をカスタマイズ

デフォルトの状態でも読みやすいと感じる Stinger3 ですが、このブログはプログラムのソースコードを貼り付けることが多いので「少し文字サイズを小さくしたほうが全体のバランスがいいかな」と常々思って

続きを見る

opencsv の HeaderColumnNameTranslateMappingStrategy を使って CSV を Bean に変換する

2014/01/30 | opencsv , ,

opencsv の CSV 読み込み機能の1つで、CSV の1行目がヘッダになっている場合に Bean にマッピングする、というものがあります。 HeaderColumnNameTranslateM

続きを見る

opencsv の HeaderColumnNameMappingStrategy を使って CSV を Bean に変換する

2014/01/29 | opencsv , ,

opencsv の CSV 読み込み機能の1つで、CSV の1行目がヘッダになっている場合に Bean にマッピングする、というものがあります。 HeaderColumnNameMappingStr

続きを見る

opencsv の ColumnPositionMappingStrategy を使って CSV を Bean に変換する

2014/01/28 | opencsv , ,

opencsv を使うと、CSV を読み込んで String の配列に変換してくれます。 String の配列に変換してくれるだけでもうれしいのですが、実際にはそこから Bean に変換して処理するこ

続きを見る

Commons IO の LineIterator#isValidLine メソッドをオーバーライドしたサンプル

2013/08/16 | commons-io , ,

CommonsIO にテキストファイルの読み込み処理で役立ちそうなクラスがあったので検証してみました。 検証プログラムは Github に登録してあります。 tomoyamkung/common

続きを見る

opencsv を使って CSV ファイルの読み込み開始行を指定する

2013/08/12 | opencsv , ,

opencsv は、読み込むファイルの開始位置を指定することができます。 わざわざ確認する必要もないくらい小さなことですが、ちょっと触ってみたのでメモしておきます。 検証プログラムは Github

続きを見る

Github に人間認定されなくなった

2013/07/18 | 生活

ブログに埋め込んだ Gist のコードが参照されなくなっていたので、何事かと Gist と Github にアクセスしてみると↑のメッセージが表示されていました。どうやら人間だと思われていないよう

続きを見る

Googleアドセンス用(PC)

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑