「 TwitterBootstrap 」 一覧

BootstrapValidator の基本的なバリデーションを試すサンプルを作成しました

TwitterBootstrap3 用のバリデーションチェックプラグイン BootstrapValidator の導入から Live チェックまでを試してみた で紹介した BootstrapValid

続きを見る

TwitterBootstrap3 用のバリデーションチェックプラグイン BootstrapValidator の導入から Live チェックまでを試してみた

BootstrapValidator は、TwitterBootstrap3 で構築したサイト用の jQuery プラグインで、入力内容のバリデーションチェックを行うプラグインです。 このプラグイン

続きを見る

GoogleMaps の JavaScript API (v3) を使って地図上に複数の Marker を表示するサンプル

これまで GoogleMaps API を使って Marker やら InfoWindow を表示するサンプルを作成してきました。 住所から GoogleMap を表示するサンプル Googl

続きを見る

TwitterBootstrap3 をベースにした画面に GoogleMap を埋め込む

このところ立て続けに GoogleMap を JavaScript から扱う記事を投稿してます。 意外と簡単に扱うことができるので、「こんなことできるのかな」ってことを試す日々を送ってます。 で、今

続きを見る

Googleアドセンス用(PC)

Googleアドセンス用(PC)

icatch-jersey_multi_pathparams
Jerseyの@PathParamはスラッシュの間に複数指定できる

http://hoge-api/user/{id}.{format}

icatch-vagrant_box_customize
VagrantのBoxファイルをカスタマイズして独自のBoxファイルを作成する

配布されている Vagrant の Box ファイルを使って検証環境を

icatch-2015-006-1
バリデーションチェックにJava8のOptionalを使ってスマートに書く(自分比)

Web アプリのバリデーションチェックにアノテーションを使うことが増え

icatch-2015-005-1
ユニットテストの偏りを防ぐ命名規則の付け方

ユニットテスト名に以下の命名規則を付けるようにして二ヶ月ぐらい経った。

icatch-2015-004-1
Vagrantで起動したCentOS上のOctopressをホストOSから確認する設定

タイトルの通りだが、Vagrant を使って起動した CentOS に

→もっと見る

PAGE TOP ↑